【第1回 zigE×N日】じげんオフィスで手巻き寿司パーティーを開催しました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは、経営推進部のせっきーです。
初めてなので少しだけ自己紹介すると好きなものはお酒とフラダンスと平成仮面ライダーととにかくなんでも楽しそうなこと!!です。
最近は食欲が旺盛すぎて困っています。

さて、そんな私が今回レポートさせていただくのは、7月に開催した社内イベント「zigE×N日」です♪

zigE×N日とは?

zigE×N日(じげんにち)=じげん × 縁日

じげん社員の縁を深める日、縁日のようなワクワクするイベントが開催される日、食を通じてネットワークを広げる(EatingXNetwork)日、
という意味を込めて4半期に一度本社4F大広間にて開催される全社交流イベントとして、7月19日に第1回目の開催を致しました。
1月に移転したオフィスのデザインコンセプトの1つが「和」であることも踏まえ、イベントも「和」をテーマに何かできないかと考えています。

ということで第1回は、今春に11周年記念ノベルティとして事業家集団専用食糧「じげん米」をつくったこともあり、じげん米を使って手巻き寿司パーティーを開催することに!
当記事では運営準備の様子から開催の様子までお伝えしたいと思います!

まずは準備。

準備は経営推進部メンバーと給食委員を中心に進めました。
じげん米を人数分炊飯する為、炊飯器を6台レンタルし合計6升のごはんを炊きました。
(電圧がものすごく高かった為、4F大広間のあちこちに分散させて炊飯器をセッティングしました・・・ブレーカー落なくてよかった)
炊飯している間はお寿司屋さんからのケータリング具材を盛り付け、各テーブルに配置します。

炊飯が終わると、右手にしゃもじ・左手にうちわを持ち一斉に酢飯を作ります。
なかなかの力仕事に体力を奪われます。

また、今回はゲストとして和太鼓パフォーマーを呼んでいた為、
会場設営とともに太鼓のセッティングも。

なにやらイベントっぽくなってきましたね。
そんなこんなで準備は完了、開始時間19:30にはぞろぞろと社員も集まり、
ようやくイベントスタートです!

和太鼓パフォーマンスに熱狂!

会場には多くの社員が集まり、乾杯と同時にパーティーも開始。

開始早々、ゲスト「音遊人(※)」による和太鼓パフォーマンスを披露!

壮大な和太鼓のサウンドと迫力あるパフォーマンスに、会場も熱気に包まれます。
パフォーマンスの途中では、一部社員参加型でのコラボも実現し、
会場にも一体感が生まれてきました・・!

ゲストで来ていただいた音遊人のお二人、
素敵なパフォーマンスをありがとうございました!

※音遊人:
音遊人(みゅーじん)。 茨城県つくばを拠点に活動する和太鼓ユニット。
目に見える「和」を創造し、肌を震わせ、魂に響かせる音楽を追求。
日本人として生まれた強みを最大限に活かし、自然の営みの一部として、いのりの音遊をする。

食欲旺盛なみなさんにチャンスターイム!

カリー山口さんによるカレークイズ。

イベントも中盤に差し掛かり、寿司の具材も少なくなってきた頃・・・
実はまだまだ終わりじゃあありません。
たっぷりのトロをご用意しています!どーん!

しかしこのトロをゲットするには、カリー山口さんのカレークイズに正解しなければなりません。
クイズの内容は、3つのカレーの写真がどこのお店のものか選択肢の中からそれぞれ当てるというもの。


カリー山口さん曰く簡単すぎるクイズということでしたが、
ゲームに参加した社員からは「難しすぎる!」という声もちらほら。。。
でも実はこのクイズ、今のオフィスのある神谷町虎ノ門エリアや前のオフィス新宿エリアにあるカレー屋さんを中心に出題されており、チームを組んでみんなで話し合えば答えが出せるようになっているんです!さすがカレーにうるさいカリー山口さん、奥が深いです。

こうして食欲には、特に無料で提供される食材に対しての貪欲さにかけては定評のあるじげん社員、部署や入社年次などの壁を越えてチームで協力した結果、山のようにあったトロもあっという間になくなってしまいました。

ピグさんによるじげんクレド英訳クイズ。

さてさて、トロのお次は缶詰おつまみをゲットするチャンスです。
帰国子女のピグさんから出題されるクイズは、じげんクレドを英訳できた方はやきとりのおつまみがもらえるというもの。

じげんのクレド理解と浸透を促進する、という意味合いも込め、多くの社員が挑戦する姿が印象的でした。

画伯メゾン・ド・ヒグチによる似顔絵クイズ。

最後のコンテンツは、画伯メゾン・ド・ヒグチさんの描く似顔絵がどの社員のものかを当てるゲーム。
正解した方はいわし煮のおつまみをゲットできます。

画伯メゾン・ド・ヒグチさんの画力が意外にも高かったということに驚きでしたが(もっと画伯な絵を想定していたので)、
特徴をつかんだ似顔絵に会場も大盛り上がりでした。
こちらも自分の部署の社員だけしか知らないと答えられないため、自然とみんなで協力している姿が印象的でした。

歓談タイム。。

和太鼓パフォーマンスやゲーム等で盛り上がったあとは自由に歓談タイム。
余ったお米でおにぎりを握ったり、多くの人が部署の垣根を越えて歓談する姿など、
自由な空間の中でも社員同士の交流が活発に行われていました!

イベントを終えて。

事業の拡大に伴い、それを支える社員も増えていく中で、社員同士の交流も部署・職種が違うとどうしても取りづらくなってきます。
今回zigE×N日第一弾を企画・運営するにあたり、もっと社員交流が図れる場を創出したいという思いと、
社員に癒し・楽しみな空間を提供することで少しでも生き抜きになれば、と思い進めてきました。
参加型である手巻き寿司によって自然と会話が生まれたり、パフォーマンスやゲームを通じて垣根なくフラットに交流を図る社員の姿を目の当たりにし、このイベントの開催意図を改めて実感しました。
あとは、じげん社員の明るさとゲームに対する情熱、食に対する貪欲さがよく分かったイベントでした!笑
4階の大広間もこのようにコミュニケーションを促す役割として今後もっともっと活用していく予定です。
次回はどんなイベントになるのか・・・今から楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加