僕がなぜ、じげんに入社したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

初めましてじげん12期新卒のいけちゃんです。

研修も始まりまして、早いもので5日目です。

本日は、じげん新入社員の恒例になりつつある「新入社員ブログ」となります。
シェア・イイネ・コメントがトータルで100件を超えることがゴールとなりますので、皆様のご協力を心よりお願い申し上げます!

今回のブログのコンセプトですが、このブログを通し、じげんに入社したのか!と知る方が多く出てくるのかなと思っていまして、なので今回のブログのコンセプトは「僕がなぜじげんに入社したのか」という形にしております。

なぜ、じげんなのか、じげんでなにをするのか、というこの2点を中心に書かせて頂きます。稚拙な文章で恐縮ではございますが、最後まで読んでいただき、アクションを頂けると非常に喜びますので宜しくお願い致します。

・なぜじげんなのか

・じげんで何をしていくのか

まず、じげんへ入社を決めた動機を説明させていただく前に、私という人間のご紹介を簡単にさせて頂ければと思います。

生まれも育ちも関西でして、22年間関西で過ごしてきました。

大学は関西学院大学の経済学部出身でございます。

大学時代は主にパーティーとビジネスといった2点に時間をさいてきたような人間です。

私を理解していただくワードとしては適切なのは、「目立ちたがり屋」「器用そうに見えるが実は不器用」「憧れている人はサラリーマン金太郎」といったワードになると思います。

こんな私がじげんに入社した訳ですが、結論から申しますと「将来的に自分で会社を作っていくために経営者視点を培いたい」と考えた時に、一番ベストであると思ったからです。

・将来的に自身で会社を作りたい

・そのために経営視点を学びたい

ここでいきなり夢が出てきましたが、私は将来的に自身で会社を作って、仲間と働きたいという夢を持っています。その夢から逆算したときに経営的視点やスキルといった力をつけたいなと考え、それを達成するにはじげんがベストだと判断したわけです。

上記を達成する上で、じげんのどの点がベストだと感じたのかという判断基準ですが、1番はチャンスの質という点です。その他にももちろんありますので、補完する形でお伝えできればなと思います。

・チャンスの質

よくですねベンチャーには、裁量権やチャンスが多く存在するという話を聞くと思うのですが、このベンチャーのチャンスには質のばらつきが存在していると思っています。打席にたてるチャンスが多くても、その打席で得れる経験やインパクトが低いとあまり意味がないよねというお話です。

この点においてじげんでのチャンスというのは質が高いと感じています。
まだまだ体験している段階で、今後結果が出てくると思うのですが、1か月のインターンを通してあながち間違いではないのかなと日々感じています。

どんな点で感じているのかということですが、私がじげんを選んだ基準の1つである「新卒入社で1年目から経営戦略部への配属が可能である」という点が回答になるかと思います。そもそもではございますが、私は経営にできるだけ近く、早く経営に携われるといった観点で就職活動を行っていました。そのため新卒で経営戦略部門の応募をしていたじげんに応募し、今日にいたっているわけで、実際に1か月間のインターンシップにおいても、経営戦略部でインターンをさせて頂きました。経営戦略という高度なスキルが求められる職種の門が開かれている点。これはベンチャーだけではなく、大企業においても希少なチャンスポイントではないでしょうか。次に、仕事を任せてもらえるスピードが本当に早いということですね。加えて、上司にあたる方々も本当に優秀な方でして、学ぶことが本当に多くあります。

・新卒社員への配属希望の自由度が高い

・仕事のスピードが早い

・メンバーが優秀

(経営戦略部やメンバーに関しては、先程からリンクを張らせて頂いております「コーポレートブログ」をご覧ください。経営戦略部が何を考えているのか、どんなメンバーがいるのかご理解いただけると思います。)

このように経営戦略部/じげんには質の高いチャンスが多く用意されています。これらの点からじげんという事業会社の経営戦略部で働くことが、経営社視点やスキルを得るといった点でベストだと考えたわけです。その他にも事業会社であるといった点や、事業化集団といった文化があることなど、その他たくさんあるのですが、今回はこのへんにしておきます。

2じげんに入社してなにをするのか


では、次にこのじげんに入社してなにをするのかということです。

私のゴールは2つです。経営者での視点で思考できるようになること。準じて、そのスキルを身に着けるということです。

・経営者での視点で思考できるようになること

・経営者としてのスキルを身に着けること

そのため、配属部署も経営戦略部を希望しています。経営戦略部では、

・全社経営戦略にかかわるファイナンス
・M&A
・事業戦略
・人事戦略
・事業開発

上記のような経営者のパートナーとして会社経営に関わる業務全般が主な仕事内容となります。
どうでしょう。経営的な思考やスキルを身に着けるにはもってこいの環境ではないでしょうか。私はじげんという事業会社の経営戦略部で働くことで、経営者と同じ目線での思考やスキルを必然的に求められることになります。この環境の中で吸収・実践していくことにより上述した目標をしっかりと達成していこうと考えています。

次にじげんの社員という目線から何を実行していくのかということについて述べます。こちらも大きくわけて2つあります。「生活という視点で世の中を良くする」「経営戦略側からのPMI人材」という2点です。

・生活という視点で世の中を良くする

・経営戦略側からのPMI人材

まず、「生活という視点で世の中を良くする」ということですが、弊社のVisionである「社会の問題を事業で解決する事業化集団」から影響を受けています。じげんに来て驚いたことは、本当に事業化集団という文化が浸透しているんだなという点と社内の人間の中に社会課題に取り組みたい/取り組んできたといった人が非常に多いということです。

働き方や考え方の視座の高い人が多く、掲げているマインドが非常に素晴らしいと感じ、私もじげんのいちメンバーとして自社の事業を通して、世の中をより良くしていこうと考えています。

次に「経営戦略側からのPMI人材」という点ですが、PMI人材とは、M&Aを行った後に企業同士統合を行うPMIを行う人ということをさします。これは、非常に難易度が高い仕事であり、事業側の力も必要となってきます。しかし、経営戦略の人間として責任をもって統合計画を実行していく。この働きを行いたい。と感じています。この働き方を実行するには、経営戦略はもちろんのことながら、事業側のちからをどのようにつけていくか。それが今後のカギとなります。ですので、しっかりと考え準備し、実践していきたいと考えています。このような働きをじげんという会社の中で3年5年という期間で達成していきたいなと思います。

以上が私が現在じげんにおいて達成していきたいところやコミットしていきたいところはとなります。私がじげんに入社を決めた理由、なにをしていくかご理解いただけたでしょうか。今回は私個人のキャリアという視点でのお伝えが強いので、どのような世界を作りたいのかといった個別具体的なマインド寄りの記事も書かせて頂きたいなと思います。

最後にですが、まず経営戦略部への配属の希望を通すために結果を出さなければなりません。私が立てているゴールを達成するためには今日からのパフォーマンスが必要になってくるようです。残りの研修の時間を有意義に使って、結果を出していこうと思います。

が、

加えて、皆様のご協力が不可欠でございます。

そのまま、イイネ・コメント・シェアの方を宜しくお願い致します。ここまで、読んでくださった皆様、アクションを起こそうと思って下さっている皆様ありがとうございます。

いけちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加