348°感謝ってなに?ITベンチャーじげんが掲げる10個のクレド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんにちは。新入社員のスマイリーです。

今回、じげんが掲げる10個のクレドについてまとめます。

クレドとは従業員が心がけるべき企業の信条のことをいう。
引用:コトバンク

じげんは、会社の価値観を100%実践することを目的に、

行動指針として「ZIGExN∞ISM」を定めております。

その「ZIGExN∞ISM」を表すのが10個のクレドとなります。

一方で、内定者時代に採用に関わっていた中で

348°感謝って360°ではなく、なんで348°なんですか?

と聞かれたり

入社式で新入社員が好きなクレドを答える時に即答できなかったりしたので、

社内外に向けて再度クレドを発信する必要があると思いこの記事を書きました。

ちなみにじげんの名刺は各社員が好きなクレドと好きな色を選べます。

ただクレドを並べるだけではコーポレートサイトを見るのと変わらないので、

クレド毎に各社員のエピソードをインタビューしました。

クレド1 稲妻スピード

ベンチャー企業の唯一の優位性であるスピード。

ただの中小零細企業になってしまう恐怖を常に忘れず、スピードをより速めていきましょう。

ニックネーム:バヤシ (新卒 子会社ブレイン・ラボ出向 セールス)

広報のpecoさんと一緒に仕事をしたときに、業務が沢山ある中でもpecoさんはスゴく早いスピードで業務を終わらせているのを見て、スピード感を持つことで余裕が持てるし、新しい業務をやるときにすぐに手を付けられ新鮮な状態で仕事に取り組むことができ営業でもその他の業務でもプラスになることが多いと思ったから。

クレド2 常在熟考

新たな価値は、あなたが常に考え続けることから生まれる。

 今よりも良いもの、既存の成功例よりも新しい付加価値のあるものを創っていきましょう。

ニックネーム:旦那(中途 メディカル所属 マネージャー)

決めた目標に対し、集中・没頭し業務に邁進することも大切だが、
別の切り口はないか、工夫する余地はないか、考えることを怠らないようにしたいという、自分への戒め。

クレド3 ぐるぐるPDCA 

仮説をたて、実際にやってみて、振り返り、反省や気付きをすべて次の一歩へ繋げる。

 このサイクルをいかに速く回せるかが、あなたと組織を大きく成長させる鍵となります。

ニックネーム: スマイリー(新卒 自動車所属 マーケティング)

社会人1年目で右も左も分からない中でも大きな成果を出すためには能力、スキルを高める必要があるので改善を繰り返していこうと考えているから。また、自分のアウトプットの質が低くても周りからフィードバックをもらいPDCAを回すことで質を高めることが出来るから。

クレド4 Do the ビジネス

決断に迷った時には、自分が社長だったらどうするかを考えてみる。

アートやNPOでない、ビジネスとしての合理的判断と事業ビジョン・ドメインに沿って業務にあたりましょう。

ニックネーム:ふかっしー(中途 求人所属 マネージャー)

主体性を意識して仕事をしているから。自分が社長だったらどうするかという視点を常に持って取り組んでいる。

クレド5 口癖プラス主義

常に前向きな気持ちを持ち、出来ない理由ではなく、解決策を提示する。

どんな状況でも現状に満足せず常に改善を意識する、向上心とプラス思考を持ちましょう。

ニックネーム: 閣下(新卒 住まい所属 エンジニア)

常にプラスに考えて思い込むことで自信につながり、それが多くの場合で結果につながってきているため、日々の仕事でもポジティブに強気で取り組むことにしている。(元々弱気なのもあり)

クレド6 コミットtheリミット

目標は自己管理の手段に過ぎず、目標なき行動には最大の成果は伴わない。

あなたの成長の結果として最後まで逃げ出さず、諦めず、自分や仲間を信じて頑張り抜きましょう。

ニックネーム: エリー(中途 求人所属 デザイナー)

高い目標を掲げ、絶対に自分はやってやるんだと考えることによって頑張れるから。どのクレドも大事だと思っているがコミットtheリミットが特に自分の根底にあって動いているから。

クレド7 無限∞ストック

今のパフォーマンスを自分以外の誰かが再現できるようにすること、

個人ではなくチームで業績をあげること。仕事とは「仕組みづくり」と同義であると考えましょう。

ニックネーム: カリー(中途 経営推進所属 人事)

これまで採用は少人数のチームで運営してきたが、採用チームの人数が増えてきて自分がいなくても組織がうまく回る仕組みを作る必要があると思ったから。

クレド8 破壊的創造

我々は変化を機会と捉え、既存市場の境界を引き直す側にまわる。

変わり続ける者だけが生き残れる時代であり、自分を否定し壊す勇気を持ちましょう。

ニックネーム: オヤビン(中途 自動車所属 Div長)

転職してきて、入社当初は前職の繋がりなどからお仕事を頂けるなど多くの方からお力を借りる機会が多かっったので名刺のクレドは348°感謝にしていたが、この4月からは役職が上がり事業をこれまで以上に突き抜けて伸ばしたいと思い破壊的創造を選んだ。

クレド9 我から我へ

当事者意識が自らを成長させ、仕事をより豊かなものにする。

与えられるのを待つのではなく、すべての結果の最終責任は自分にあると考えましょう。

ニックネーム: peco(中途 経営推進所属 広報)

新規事業のプレスリリースを作成するとき等にこのサービスがなぜ作られ何をしていくのかを事業を作った人以上に知る必要があり、このサービスについて知る過程で当事者意識を持つ必要があるから。また、じげんで初の広報という役職で入社したこともあり、じげんという会社に当事者意識を持ち0から広報を作っているから。

クレド10 348°感謝

今のあなたは周りに活かされていることを忘れてはいけない。

助け合い、規律・礼儀を重視して互いに尊敬しつつ半歩リードして仕事を進めていきましょう。

ニックネーム:あやぺら(中途 求人所属 BPR)

じげんは社員間での壁がなく、お互いでサポートしあいながら日々の業務に取り組んでいるし、ありGATなどの制度があるので周りに感謝を感じやすいし自分から感謝しやすい環境だと思う。

※348°の理由は自分の周り全てに感謝の気持ちを持つという意味合いから、自分=じぶん=2分と読みかえ、時計の2分は12°にあたるので360°から12°を引いて348°となっています。

以上がじげんが掲げる10個のクレドです。

こんなクレドを意識してじげん社員は日々を過ごしています。

記事が面白かったらいいね!をお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加