【採用イベントレポート】じげん代表 平尾丈トップセミナーをカレー的に考察してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

はじめまして、カリー山口です。

みなさんこんにちは。人事のカリー山口です。

就活している学生のみなさん、調子はいかがですか??
じげんでは新卒採用を絶賛進行中です。

そんな中、4月22日には代表の平尾が登壇するトップセミナーを開催いたしました。
テーマは「最良のファーストキャリアを選び抜け!~意思決定力の磨き方~」です。

topseminar_OGP

今日は少し遅くなってしまいましたが、
残念ながら、予定があって参加できなかった方も数多くいらっしゃるかと思いますので、こちらで内容をレポートさせていただきます。

尚、そもそも行きたかったのに情報が届いていなかったみなさま、よろしければ[じげん 新卒採用]のfacebookページにいいね!をお願いいたします。

じげんの新卒採用関連の情報はもちろん、このブログの更新情報や社員インタビューの掲載情報などをお届けしております。

まずは自己紹介がてらカレーの話

とはいえ、まずは初めての投稿なので自己紹介も兼ねて最近食べたカレーの話をしようと思います。
よく「カリー山口」っていうのはキャラで本当はそれほどカレー好きってわけじゃないのではないかとご質問いただくことがありますが、実際ココイチも含めて週5くらいの頻度でカレーを食べています。

perusona_curry

今回、ご紹介するのは、神保町に店を構える「ペルソナ」のカレーです。
神保町というと、出版社や古本屋が多い文学的なかほりのする街という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、カレー好きにははずせないカレー激戦区でもあります!
神保町系カレー元祖として名高いのは「ボンディ」だと思いますが、「ペルソナ」はその「ボンディ」のお弟子さんが開いたお店で、神保町において、確固たる地位を築く本格欧風カレーのお店です。
いわゆる昔ながらの“レストランで食べるおいしいカレー”が食べたい方にはとてもオススメです。

神保町系のカレーの特徴としてはカレーの前に茹でたじゃがいもがまるっと出てくること、それからごはんにチーズがかかっていることです。
うっすらごはんが黄色くなっているのが、写真をご覧になってわかりますでしょうか?
行くのは2回目だったので、定番のビーフカレーにオススメのチーズ&マヨネーズをトッピングしてみました。

正直、チーズはよかったのですが、マヨネーズはカレー本来の味がマヨネーズによって少し薄れてしまっている印象で、そのままいただく方がおいしいかなと思いました。

ただ、好みの問題ですので、ぜひ気になる方はトライしてみてください。

話は戻って、採用イベントのレポートです

さて、だんだんカレーブログみたいになってきたので、話を戻します。

意思決定力の磨き方についてお話した理由

今回のセミナーでは、就職活動をある程度行って最終フェーズに来ている方や、内定をもらって進路選択に悩んでいる方を対象に、 巷のセミナーや参考書では学ぶことができない、濃密なプレミアムコンテンツをご用意しました。

特に今年は、就職活動の時期が大きく変わり、戸惑っている人も多いと思います。
「全部見ないと決められない…」
「もっと良い選択肢があるのかもしれない…」

そう、そんな将来に向けての重要な意思決定であるファーストキャリアについて、漠然と迷いを抱えている、あなたのためのセミナーだったのです。

topseminar_01

そんな中で開催したこともあり、会場はご覧のとおりの満員に
弊社のバースペースいっぱいに学生さんが集まりました。

意思決定は「点」ではなく「線」である

topseminar_02

意思決定というと、決断の瞬間と思いがちですが、それ自体は重要ではありません。
意思決定は「点」ではなく、「線」で考えるべきです。(平尾)

特に今回お伝えしたかったことは、「意思決定」と聞くと、何かを決める、決断する瞬間のように聞こえますが、決断そのものにはあまり大きな意味はなく、その前後の選択肢の検討や、決断を正解にするためのコミットが大切であるということです。

カレー的に考察する

さて、実際にセミナーを受けていない方には温度感が十分に伝わらず、いまいちピンとこない方もいるかと思いますので、カレーをたとえにわかりやすくご説明いたします。

spice

まず、こちらは僕がもっているスパイスです。
これはカレーに入れる一般的なスパイスの中の一部に過ぎず、世界には本当にたくさんのスパイスあり、カレーは奥が深いのです。

土日はよくこれらのスパイスを組み合わせて、カレーを作っているのですが、カレーづくりにおいても意思決定の大切さというのは日々、身にしみて感じています。

なぜなら、この数あるスパイスの中から本当においしいカレーをつくるための最適な組合せを考えなければいけないからです。

ということで、スパイスをファーストキャリアの選択肢だと考えてみます。

ちなみに、僕が一番好きなスパイスはカルダモンです。

カルダモン

出典:sekaifood.com

たとえば、カレーをつくるとき、どんなスパイスを入れるべきかを考えます。
スパイスに関する様々な情報を集め、カルダモンの効用や香りのよさからカルダモンを使おうと決めたとします。
これが“情報収集からの決断”を表します。

ただし、このカルダモン、調理の仕方によって苦味が強調されたり、酸味が出てきたりと様々な顔を併せ持ちます。
このカルダモンのどんな味を引き出せるかは、作り手の手腕にかかっています。
つまり、活かすも殺すも作り手しだいということ。
たとえば、他のスパイスとのコンビネーションや調理にかける時間、どのタイミングでどのくらい投入するかなど、カルダモンを選択した後に考えるべきこと、コミットすべきことは枚挙にいとまがありません。
どのスパイスを入れるか決めたというだけでは、そのカレーにおけるスパイスの価値は決めることはできないのです。

これが、“決断を正解にするためのコミット”といえますね。

つまり、おいしいカレーを作ることと、ファーストキャリアを選ぶことは、全く異なることのようで、その意思決定の課程はほぼ同じといえるのです。
そして意思決定自体の質を高めるためにはその前後のプロセスが大事だということです。

カレーに様々な流派があり、好みも千差万別なように、自分だけのおいしいカレー、ならぬ最適なファーストキャリアを選択し、究めていただきたいという願いがこのセミナーには込められています。

第二部では座談会を開催し、大盛況

topseminar_03

さて、イベントのレポートを書いているんでしたね。
話を戻します。

第二部ではこの4月に入社したばかりの新卒社員たちによる座談会を実施しました。

topseminar_05

学生起業家として複数の起業を経営してきた人から、学生時代にアジアで学校設立をしてきた人、世界をよりよくするため単身アフリカに飛び込んでいた人など、それぞれの意思決定について多くの意見が飛び交い会場は大盛り上がりでした!

自慢するわけではないですが、弊社の新卒社員はなかなかにぶっ飛んでいます。

参加者からの感想紹介

参加したみなさんからは下記のような熱のこもった感想を多くいただきました。

脳みそパンクしそうになりました!

成長スピードハンパないっていうのは、本当だなと思いました。

与えられた目標やタスクに満足せず、もっと上を見る必要性に気づきました。

改めて、ご参加いただきありがとうございます。
アンケートは1枚1枚丁寧に拝見いたしました。こんなセミナーを開催してほしい!というリクエストにつきましても、前向きに検討してまいります。

5月8日(金)に平尾丈トップセミナー追加開催決定!!

さて、今回大変ご好評いただき、この熱いセミナーに参加してみたくなった方、平尾に挑みたくなった方、じげんの個性的すぎる内定者と話してみたくなった方に向けて、トップセミナーの追加開催が決定したことをお知らせいたします。

意思決定力に関しては、今回このブログで紹介したのはほんの一部にすぎず(なんだかカレーの話も多くなってしまいましたし)、平尾独自の思考のフレームワークについても紹介しますので、20代を最速で駆け抜けて来た平尾の話を聞いてみたい方、じげんという会社に興味を持った方、ぜひ5月8日(金)にご参加下さい!

実は弊社の採用イベントの中で平尾が登壇するのは年に数回です。

参加のお申し込みはこちらから。

じげんトップセミナー

この貴重な機会を逃さず、奮ってご応募くださいませ。

また、じげんでは新卒採用だけでなく、中途の方も積極採用中です。
詳しくは採用サイトをご確認下さい。

以上、採用イベントレポートでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加